母子家庭、キャッシング状況とは

母子家庭を取り巻く今と昔、キャッシング状況はどうなっているの?

かつて母子家庭は融資を受けにくいというイメージがありました。現在はどうでしょう。今は、安定した収入があるかどうかが融資の一番の審査対象です。

現在も、銀行融資は受けにくいところもあります。しかし、母子家庭だからといって特別借り入れに困るということはありません。安定した収入があるかどうかは、母子家庭に関係なく審査の大事な対象となるところです。

母子家庭で他社に借り入れがあるとか、母子家庭で無職とか、母子家庭に限らず消費者の生活状況等で審査されます。心配な方は、インターネットでのお試し審査や借り入れシュミレーション等で確認してみてはいかがでしょうか。詳細な個人情報を入力しなくても、今の借入金やご自分の収入額等を入力すれば、だいたいの借入れ可能額がわかります。それがわかれば、借入の目途が立ち、実際に申し込みやすいのではないでしょうか。

もちろん、他社で借り入れが無く、収入も安定してればお試しをしないまでも借入は可能です。あとは、金利面や借入枠をご自分の収入とのバランスを鑑みてお考えになるといいでしょう。

たとえ母子家庭で仕事がパートやアルバイトであっても、安定した収入が大切です。そして、母子家庭には行政のサポートもありますので、市や県に相談すること無くキャシングを考えるのは疑問です。たとえばお子さんが学生なら支度金を無金利で貸してくれる自治体もあります。そのような機関を利用し、それでも足りない場合に民間企業の借り入れを考えましょう。